スポンサーリンク




牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめ

ランプ 別名 ラムイチ ラム

無題

ランプとはサーロイン(腰)、後ろのもも脚から臀部(お尻)にかけての部位をランプと呼ぶ。

お尻周りの骨に近い部位をイチボ、お尻から後に近い部位をランプと一般的には区別されていますが、お店によってはお尻の周りの肉全般をイチボと呼んだりその逆で呼ばれることもあります。

ランプはフレンチなどでローストに良く使われ、また、ステーキ、焼肉、しゃぶしゃぶなどあらゆる料理に使われるマルチプレイヤーなのである。

マルチプレイヤーだけあって赤身の中にも適度な霜降りが特徴で、あっさりした脂としっかりとした赤身の味わいが特徴的でファンも結構多い。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~ランプ~

49dpMZ4q4oIJ2tZ1436938920_1436938942

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★
★★
★★★

スポンサーリンク




イチボ  

無題

イチボとは臀部(お尻)の周りの骨の部分の呼称である。

お尻周りの骨に近い部位をイチボ、お尻から後に近い部位をランプと一般的には区別されていますが、お店によってはお尻の周りの肉全般をイチボと呼んだりその逆で呼ばれることもあります。

ランプに比べ尻に近いためか脂の量がランプに比べて多くそのためにとろけていくような味わいが特徴的でまた、一頭から少量しか取れないので希少部位にあたる。

名前の由来は牛の臀骨がH型をしているのでH-bone(エイチボーン)と呼ばれていて、そこからイチボと呼ばれるようになった。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~イチボ~

ZLk39JdrAp0iEWw1436939080_1436939101

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★★
★★
★★★
★★

スポンサーリンク




ツラミ 別名 こめかみ、ホホ ホッペ

つらみ無題

ツラミとは牛の頬(ホホ肉)であり一般的にホルモンに区別される。

味わいはホルモンではあるが肉のような味が特徴で地域によりこめかみと呼ばれている。

牛がモグモグ口をよく動かす(咀嚼)のでとにかく固く、噛めば噛むほど味が出てくるのが特徴でゼラチンが豊富で肉自体が硬いことから赤ワイン煮込みや韓国料理ではソルロンタンという料理に使われる。

肉質は固いのだが薄切りにして焼いて食べるとざっくりとした感じがでて程よい歯ごたえになる。

好きな人は好きな部位で私は好きだ。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~ツラミ~

Ok3EhmaN6fsiSGj1436939197_1436939270

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★

★★★
★★

スポンサーリンク




ハラミ 別名 アウトサイドスカート

つらみ無題

ハラミとは牛の横隔膜の周りについている肉の部位を指し誤解している方も多いかもしれませんが、ハラミはホルモンの部位に入る。

横隔膜とは胸と腹部の境にある筋肉のことでわかりやすく説明すると複式呼吸をしたときにお腹が膨らんだり凹んだりしますが、そこが横隔膜です。

ちなみに横隔膜の下の部分をサガリと呼びハラミとサガリをまとめてハラミと呼ぶ場合が多い。

ハラミは上質になればなるほど霜降り状にサシ(脂)が入り牛ホルモンの中でもというか牛肉の部位の中でもかなり人気が高い部位に入り味わいはカルビに似ている部分もありますがカロリーはカルビより低くヘルシーな肉として注目されている。

適度なコクが甘味とマッチし非常においしい。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~ハラミ~

FVJMy0RZgMrKQs91436982858_1436982905

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★

★★★

サガリ 別名 ハンキングテンダー

つらみ無題

サガリとは横隔膜の下部の肋骨側の部位の名称でホルモンの部類に含まれる。

多くはこの周りも全てハラミと呼んでいるが九州などではこの部位をサガリと呼ぶことが多い。

サガリはハラミ程霜降り状にはならないが、適度な脂肪があり味はハラミとほとんど変わらなくハラミと認識して良いくらいだと思う。

名前の由来だが、横隔膜の下部は牛の体の中でぶら下がっているような形をしているのが由来である。

また、ハラミ同様サガリも赤身の肉に見えるが、内蔵の部位に入りでホルモンと呼ばれている。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~ハラミ~

68XR8EtANPBtghq1437940867_1437940895

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★

★★★

牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめ

【牛や豚でもわかる】牛肉、豚肉の部位入門 ホルモンて何?

スポンサーリンク


スポンサーリンク