スポンサーリンク




牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめ

牛肉の部位  亀の子 別名 カメノコウ

シンシン

後ろ脚の付け根で、内ももより下側の内側にある球状の部分を「しんたま」呼びますが、亀の子とはその一部で断面の模様が「亀の甲羅」に似ていることから亀の子の名前の由来である。

亀の子は総じて肉質がきめがこまかく脂がすくなく赤味の旨みが凝縮されており食感はソフトなので、赤味が多いので焼きすぎるとかたくなるので注意が必要です。

また、この「しんたま」と呼ばれている部位はほかにもシンシンと友三角の部位がある。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~亀の子~

9rU5RmNCBC15KKX1436455863_1436455890

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★★
★★
★★★
★★★

スポンサーリンク




牛肉の部位  友三角 別名 ヒウチ

シンシン

後ろ脚の付け根で、内ももより下側の内側にある球状の部分を「しんたま」呼ばれており、友三角とはその一部分で外側にある部位の呼称である。

切り取った時に三角形をしているのでこの名前の由来である。

同じしんたまの中にはシンシンと亀の子があるがそれと比べて脂がのっている部位で牛肉全体から見ても比較的に脂の多い部位である。

牛肉として脂と赤身のバランスが実は非常に良くとても食べやすく焼肉で使われるのは勿論のことローストビーフやソテーなどで食べられる。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~友三角~

9rU5RmNCBC15KKX1436455863_1436455890

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★★
★★
★★★
★★★

スポンサーリンク




 

牛肉の部位 メガネ

めがね

メガネとは牛の骨盤の周りにある部位の総称であり、切り出した形が眼鏡のメガネのフレームに似ている事から付けられた。

ハラミのような柔らかさと赤身肉のうま味をもった希少部位であり牛1頭から取れる量もあまり多くないのであまり流通していない。

主に焼肉で多く食べられる部位である。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~メガネ~

vIehFTbzJwFz81S1436456072_1436456078

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★★★
★★
★★★
★★★

牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめ

スポンサーリンク


スポンサーリンク