スポンサーリンク




牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめ

シキンボウ 別名 シキンボ

うちもも

シキンボウとは後ろ脚のももの外側の肉を『そともも』と呼びその中で最も運動する筋肉が集まっている部位で外ももの中でも内側にある部位をシンキボウと呼んでいる。

また『そともも』そとももはこのほかになか肉、ハバキに分けられる。

肉質はきめがやや粗く、繊維が多いので弾力があり、やや赤身の主張が強く程よく脂がのっていて噛み応えのあるのが特徴です。

シンキボウはよくしゃぶしゃぶやロースとビーフなどに良く使われる。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~シキンボウ~

uRmyla6fc1iu9GP1436460928_1436460948

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★
★★
★★★
★★★★

スポンサーリンク




なか肉

うちもも

後ろ脚のももの外側の肉を『そともも』と呼びその中で最も運動する筋肉が集まっている部位でその中でもなか肉とは外側に当たる部位である

『そともも』はこのほかにシキンボウ、、ハバキに分けられる。

シキンボウと同様に歯ごたえがあり、赤身が多く脂肪が少ないのでヘルシーで、味わいは濃厚であるが独特の癖がある。

歯ごたえがある(固い)のですき焼きや煮込みなどに多く使われる。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~なか肉~

1533KvLZwi1f78z1436461311_1436461332

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★
★★
★★★
★★★

スポンサーリンク




ハバキ 中心部 センボン

うちもも

後ろ脚のももの外側の肉を『そともも』と呼びその中で最も運動する筋肉が集まっている部位でその中でハバキとはお尻に近い部位の呼称である。

『そともも』はこのほかにシキンボウ、なか肉、に分けられる。

肉質は筋があり噛み応えのあるが、「そともも」の中では柔らかいのでこの中では焼肉に一番適しており、ゼラチン質が豊富なので焼肉意外ではカレーやシチュー、煮込みなどに良く使われる。

またこのハバキの中心はセンボンと呼ばれている部位があり、牛一頭約700kgの中で500~800g程しか取れない超希少部位もあるが、あまり一般的ではなくハバキとしてまとめられることが多い。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~ハバキ~

90U_KBOqvIvWyUe1436461217_1436461231

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★
★★
★★★
★★★

牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめ

スポンサーリンク


スポンサーリンク