スポンサーリンク




私がダイエット時に食べていた冷やしそばの食べ方を紹介します!!

そばはダイエットに最適な食べ物で飽きないように食べ方を少しずつ変えて食べていたやり方を紹介します!!

また下記記事を読んでから当記事を読んで頂けると幸いです↓↓↓

2週間で-7kg!! ダイエットには【冷やしそば】が良い本当の理由!!

【乾麺】で作るそばの正しい茹で方!!

ポイント

  • 水はたっぷり大きい鍋を使う
  • 鍋の水は8分目
  • 沸騰を維持させる

乾麺を美味しくないと感じる場合のほとんどは『正しい茹で方』をしていないことが原因で美味しさを損なってしまい、『シンが残る』『コシがない』『粉っぽい味』みたいな味になり本来の蕎麦の美味しさを出し切れなくなってしまいます。

乾麺で蕎麦を茹でるのに一番大切なのは『水の量』でたくさんのお湯から茹でることで、沸騰を維持し麺が水をしっかりと吸い込み美味しい蕎麦を作ることができます!!沸騰中のお湯で乾麺がぐるぐると泳いでる状態が理想で指定の時間茹でたら、素早く麺を引き上げましょう。

逆に少ない水量で蕎麦を作ると乾麺が沸騰するまでに時間がかかってしまい適切な時間で茹でても、芯が残ったり、ぐっちゃりとしてそばが茹で上がってしまいます。

スポンサーリンク




【生麺】で作る蕎麦の正しい茹で方

ポイント

  • 水はたっぷり大きい鍋を使う
  • 鍋の水は8分目
  • 沸騰を維持させる
  • 優しく並べるような気持ちで茹でる

そばの生麺(手打ちそば)を茹でるのは基本的に乾麺と同じで水の量が非常に重要なのは同じなのですが、生そば(手打ちそば)は麺が非常に切れやすいので麺を麺をお湯に入れる時にとにかく優しく、麺を並べるように入れることが大切で麺を並べるようにいれることで麺がくっつきにくくなります。気持ちとしては「指にお湯を突っ込むぐらい」そっといれましょう。

また、お湯にいれた後は直ぐにかき混ぜず、10秒後くらいに麺に逆らわないようにゆっくりと混ぜるようにして規定時間茹でましょう!!

蕎麦をより美味しく食べるための茹で上げから水切のポイント

ポイント

  • 素早く茹で上げる
  • 表面のぬめりを取る
  • 氷水でしっかりと締める
  • 水は良く切る
  • 素早く食べる

蕎麦をすばやく流水につけてから表面のぬめりを優しく取ります。この場合、強く洗ってしまうと蕎麦が切れてしまったり大切なコシが失われてしまいます。また、氷水で素早く蕎麦を締めることでそばがより締まるのでそば本来のコシ、風味を損なわずに食べることが出来ます!!

そばを締めた後は水をしっかりと切らないとそばが周りの水を吸い上げてしまうので蕎麦が延びてしまうので、しっかりと水を切った後は素早く食べましょう!!蕎麦だけではなく食べ物全般に言えることなのですが、完成した後に素早く食べないと蕎麦の風味が失われてしまいます。

【ダイエット向け】おススメのそばの食べ方

蕎麦を冷やして食べることでレジスタンスターチという食物繊維に似た成分に変り消費カロリーを抑えることができダイエットは蕎麦が非常に有効な食事なのですが、毎日蕎麦を食べてしまうと飽きてしまいす。。。私が毎日そばを食べるときに飽きないように色々な工夫をしてたのでその食べ方を紹介します!!

①ぶっかけ蕎麦にして食べることでレパートリーを増やす!!

そばは基本的にそばつゆで食べないと合わないのでうどんなどと違いタレを変えて味付けを変えて食べるというやり方ができません。

そこで私が工夫を凝らしたのはぶっかけそばにして食べることで、ざるそばで食べるより野菜など他の副菜を多く摂取することができ健康的な食事をすることができるようになります!!

  • 納豆
  • 豆腐
  • オクラ
  • 大根おろし
  • 茹でキャベツ
  • 梅干
  • わかめ
  • 鶏肉(胸肉)
  • とろろ昆布
  • インゲン etct…

②そばの茹で汁を利用する

そばを茹でた茹で汁を利用することで野菜や鶏肉を茹でてレパトリーを増やすことが出来ます!!オクラ、インゲン、キャベツなどは逆算して麺が茹で上がる一分くらい前に入れても良いし、茹で上がった煮汁でさっと茹でるだけで簡単に茹で野菜を作ることが出来ます!!

特に私がおススメしたいのは茹で上がった後のそばの茹で汁で鶏肉(ダイエット中は胸肉)を薄く切っておきさっと茹でて食べるのがおススメです!!そばの茹で汁は肉の臭みを取り肉を柔らかくする効果があり、一部地域ではそばしゃぶと呼ばれ蕎麦湯を使ったしゃぶしゃぶで食べられたりもしています。

③そばの量を少し減らす

副菜を多く取ることで満腹感をより多く得ることが出来るので慣れてきたらそばの量をまずはほんの少し減らして食べましょう!!ダイエットで大切なのは食べる量を絶対的に減らすことがやはり有効なのですこしずつで良いのでそばの一人前の量を減らして副菜を多めに取ることで食事のバランスが良くなります!!

④冬場、寒い日は温そばを

冬場寒い日に冷たいそばを食べるのは非常に辛いのでそこは無理をせず温かいそばを食べましょう!!大切なのは継続することで無理な行為はリバウンドに繋がってしまいます!!

温かいそばに野菜や鶏肉(胸肉)たっぷりと乗せて食べましょう。そばは炭水化物の中でも血糖の上昇を抑える効果があり非常にダイエットに適している食べ物であることには変りません。

そばつゆ

そばには美味しいそばつゆで味わいが大きく変ってきます!!下記記事ではそばをより美味しく食べれるように簡単に作れるそばつゆのレシピがありますのでこちらの記事も参考になれば幸いです!!

【一流の職人から学んだ】おいしいそばつゆ(かえし)の作り方

スポンサーリンク




スポンサーリンク