スポンサーリンク




最近よく耳にするようになった言葉ヴィーガンってなんだろう?ベジタリアンと一体なにが違うのか?どうしてヴィーガンやベジタリアンになるのかををわかり易く解説します!!

【菜食主義】ベジタリアンってなに?

ベジタリアン(Vegetarian)とは肉や魚などの動物性の食品の一部または全部(卵や乳類は本人の選択)を食べない食生活を行うことを指し、穀物(芋、米など)・野菜・豆などの植物性の食品を中心にした食生活を行う人をベジタリアンと呼び、ベジタリアンによって自身の裁量で食べる食品に線引きをしておりベジタリアンによってラクト・オボ・ベジタリアン、ラクト・ベジタリアン等複数の種類に分類されます!!

※ベジタリアンの種類は後述します!!

ヴィーガンてなに?

ヴィーガンとはベジタリアンの中の一種で、肉や魚を食べないだけでなく乳製品(牛乳や卵)、はちみつ、それ以外の動物性の由来の(動物に関わる)ものを一切取らない人達のことで食生活だけでなく、毛皮などの革製品、動物性由来のコスメ、洗顔料等の使用も制限しており日常生活において動物性の素材を使用しない生き方をヴィーガンと呼称しています!!

日本では馴染みがあまりないのですが、欧州などを中心にヴェジタリアンやヴィーガン主義者は増えており、ヴィーガン向けのワインなどやデザートなども売られており海外ではヴィーガン向けのレストランもあります。!

また、ベジタリアンもですが特にヴィーガンは食事の制限が非常に多いので栄養の知識がある程度ないと健康を害してしまう危険がある。

ヴィーガンやベジタリアンはどうして生まれるのか?

人によって理由は様々ですが主な動機を紹介します。

  1. 宗教上の理由
  2. 健康上、ダイエット等の理由
  3. 倫理・道徳的観念
  4. 自然環境

1、宗教上の理由

宗教上が理由で菜食主義を行っている人達がおおく、特にヒンドゥー教では菜食主義を奨励しておりインドでは国民の約30%(宗派や階層、地域によって様々な戒律はある)がベジタリアンであるといわれています。また、仏教の修行の一環で一時的に食事を制限したりする場合も非常に多い。

日本で鎌倉時代に菜食主義(ベジタリアン)を放棄していているが、その名残として精進料理として伝統で残っおりこれも一種のベジタリアンになる。

2、健康上の理由、ダイエットなど

 

肉や魚を撮らない事で健康が促進(実際はどちらがよいかは難しい)され生活習慣病の改善になり、高血圧、糖尿病、肥満などを抑制する効果があります!!また、ダイエットを目的としてベジタリアン、ヴィーガンを始める方も多く健康上の理由で始める方も多いです。

植物性の食事を摂取することで、糖尿病、心臓病やガンなどの発症率が抑えられるという研究データもあり、食に対する意識が向上してより健康的な生活を送ることができるようになります。

3、倫理・道徳的観点

人や動物は全て公平・平等であり、肉や魚を摂取しなくても『人間』は生きていけるにも関わらず『人間』は、肉や魚を食べ、動物の皮、象牙などを生活の一部としている行為に抗議の意味でヴィーガン・ベジタリアンとして活動しており、特に動物愛護に関して非常に非難している考え方が多く、家畜の飼育に関し非常に肉体的に精神的にストレスを与え残忍であるという思考が非常に強い傾向にあります。

動物に関わる商品を買わないという一種の不買運動(抗議)をすることを目的としています!!

4、自然環境

家畜を飼育することで非常に多くの穀物・エネルギーが消費され、家畜の飼育を辞めることで化石燃料や、水資源、森などの環境破壊から守られると言われており動物性の食品や商品を避けてベジタリアン・ヴィーガンになるかたもいます。

自然環境の観点からも効率性(家畜を生産して食肉より同じ土地面積で農作物を作る方が多くの食料を生産が可能で燃料、エネルギー、水資源も節約できる)を重視した考えと、環境破壊(森林が牧地に変ったり、CO2、メタンガスの排出を抑えることができる)を重視した考え方があります!!

スポンサーリンク




ベジタリアンの種類

細かく分けるとこの中からさらに細分化されますが、代表的なベジタリアンの呼び方によって食べるものが変ってきます。

名称 肉   魚   卵   乳製品 果物 
ぺスコ・
ベジタリアン
×
ラクト・オボ・
ベジタリアン
× ×
ラクト・
ベジタリアン
× × ×
オボ・
ベジタリアン
× × ×
ヴィーガン × × × ×

ベジタリアン・ヴィーガンのメリットデメリット

宗教的・道徳的観点から始めている方もおられるのでメリット・デメリットでは推し量れない部分があるのですが主な肉体的な変化の部分におけるメリットデメリットを挙げてみました。

メリット

  • 胃の負担が減り身体が能力が向上する
  • 生活習慣病の予防
  • 脳機能の向上ストレスの緩和
  • 体臭の改善・味覚の向上

デメリット

  • 主に外食などの付き合いに迷惑がかかる
  • 便通が悪くなる
  • 食費がかかる
  • 正しい栄養バランスの摂取が難しい
  • 間違った知識で始めると健康を害する

スポンサーリンク




スポンサーリンク