スポンサーリンク




サングリアとは?

サングリアとはワインにレモンやオレンジ、イチゴなどのフルーツ砂糖や蜂蜜などをを軽く漬け込んだものだスペイン発祥のワインのことをサングリアと呼んでいます!!

日本では酒税法が違反になるので基本的にワインをフルーツに漬け込んで作ることが禁止されているので、飲む直前に果実と混ぜ込んだりして飲むことが一般的で『ワインカクテル』と呼ぶほうが正しい気がします!!

フルーツなどの果実が混ざるので普通のワインよりアルコール度数が下がりフルーティでゴクゴクと飲みやすくなります!!

うまたろううまたろう

飲食店ではオレンジジュースとワインを割ったものサングリアとして出したりしている店もあるよ~

サングリアって違法なの!?

個人店のバルやイタリアンレストランでたまにワインとフルーツを漬け込んでいるのを見かけますが、あれは正確には違法です!!

自家製のお酒を造る場合は『アルコール度数20度以上の蒸留酒をベースに作ること』と決められており、ベースはワインでワインのアルコール度数を15~17度前後で醸造酒で条件を満たしていないので法律的にワインをフルーツに漬け込むとという行為は違法になってしまいます!!

居酒屋の場合サングリアは『カクテル』の部類に入ります!!

自宅で簡単に美味しくできるできるサングリアの作り方を紹介します!!

簡単サングリアの作り方

準備するもの
  1. 赤ワイン(白ワインでも可)
  2. 缶詰

スポンサーリンク




サングリアの作り方
  1. みかんやパインなどの好み缶詰を用意する
  2. 缶詰を開けてジップロックなどに密封してなるべく平らに薄くしてシロップごと冷凍する
  3. 凍ったシロップと果実をグラスに入れる
  4. ワインを好みの量を注ぐ
  5. 好みでサイダーや炭酸で薄める

・今回用意したのはパインとみかんの缶詰です!!

・自宅にジプロックが無かったのでサランラップにみかんとパインを分けて、面積の広いタッパにシロップを入れました!!あとはサランラップを使って凍らせる時はラップでで止めた場所を上向きにしてビニール袋にいれましょう!!上の写真はこっちの方が見た目綺麗に見えたので止め口を下にしてます。しばらく、パイナップルの缶詰買ってなかったのですが缶詰の中でも高いんですね…。

・薄く広げることで凍らせたあとに取り出しやすくなります!!、代用で氷の製氷機などで入れても良いと思います!!、後はセブンイレブンに売っている冷凍のブルベリーとかでもよいのですが、缶詰のシロップの甘味料が完成した時に甘みを引き出してくれるので、缶詰は最低1個は使って凍らせた方が美味しくできます!!

・凍らせた後は後はもう自分の好みでワインとフルーツを注いで飲みだけです!!

まとめ

最近ツイッターで良くみるのがアイスボックスにビールで割ったり、チューハイ×アイスボックスの組み合わせを良く見ますが、個人的にはビール×アイスボックスはちょっと邪道…ビール飲まなくてもいいじゃんって思ってしまいます。まぁシャンディーガフとかレッドアイとかビアカクテルもちゃんとあるから美味しいんですけどね~!!私的には簡単に飲むならサングリアでゴクゴク飲むほうが美味しく味わえると思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク