スポンサーリンク




夏が旬で食べると美味しい魚を紹介します!!

魚の旬はいつなの?

  • 産卵前
  • 海流の関係

魚の旬は一般的に二つあり、1つは産卵前が美味しくなる時期と言われており、魚は産卵のために栄養を蓄えるので産卵前の魚は脂がのって、美味しく食べることができます。ちなみに産卵後は体力を使ってしまい締まりのなり魚となってしまいます!!

2つ目は魚の多くはいくつもの海を超えて海流に乗って移動します!!海水が冷たい所から来た魚は身が引き締まって脂がしっかりとのって美味しくります。

しかし、魚によっては例外が勿論ありどじょう、鱧(ハモ)、はたはたの場合は産卵期が一番美味しく食べれる魚もあり魚によっての旬は個体差があります!!

夏が旬の魚、魚介

鯒(こち)、マゴチ

  • 旬の時期 6月~8月
  • 主な食べ方 薄造り、天ぷら、ちり鍋

日本海沿岸、宮城県~鹿児島県の太平洋岸、瀬戸内海と幅広く生息している魚で、水深2~50mの砂泥地の砂の中や、種類によっては水深200m~600mの深海に生息しているのもおり固体によって異なります。

養殖のふぐを扱っていないようなふぐ専門店は夏場はコチを食材として使用するくらい、『ふぐ』と並んで夏の王様と呼ばれるくらいの魚であり、ふぐのような薄造りの刺身、天ぷら、ちり鍋などで食べられることが多く夏を代表する魚となっている!!

ふぐと並んで高級魚として扱われていることや、それほど多く採れないこともで以前はスーパーなどではあまり見かけなかった食材です!!

ハモ(鱧)

  • 旬の時期 6~7月
  • 主な食べ方 天ぷら、梅肉合え、白焼き

初夏(暖かく)なると活発に動き回り身が引き締まってくので、ハモが一番美味しい時期として食べられることがおおく、8月を過ぎると鱧は産卵の時期に入るので産卵のために体力を使ってしまい、風味は落ち、身は肉付きが悪くなってしまいます!!

関東では余り馴染みのない食材ですが、西日本では良く食べられる食材で、特に京都では7月に行われる祇園祭りと非常に関係の深い食材となっており旬の時期と重なるハモでもてなしているくらいの食材で、祇園祭の事を別名でハモ祭りと呼ばれる程であり京料理では欠かせない食材となっている!!

ハモは非常に生命力の強い食材で、輸送技術が確立されていなかった頃に京都まで輸送して生きた状態で入手できたのがハモだったコトからハモを京都(祇園祭)で食べる文化が出来たといわれています。関東でハモが定着しなかったのは小骨が非常に多く他の魚介を東京湾で他の魚を食べることができたのが定着できなかった原因と言われている。

また、ハモの血液には毒をもっていて加熱しないと食べるこがでなくないので刺身で食べることができないので、天ぷらや梅肉合えなどで食べられることが多い!!

スポンサーリンク




すずき(鱸)

  • 旬の時期 6~8月
  • 主な食べ方 ムニエル、刺身、焼き魚、カルパッチョ

スズキは出世魚と呼ばれる魚で魚が成長するにつれて名前が変る魚です。出世魚と呼ばれるものは全て魚の大きさ(体長)によって呼び方がかわります!!

すずきの場合はコッパ→セイゴ→フッコ→スズキの順番に成長し体長60センチ以上の魚を『スズキ』と呼称されます!!

白身魚で刺身や焼き魚にすることも多いですが、すずきはイタリアンやフレンチで使われることも多く、ムニエルやカルパッチョなどで調理される。

どじょう

  • 旬の時期 6~7月
  • 主な食べ方 から揚げ、どじょう鍋

夏になるとうなぎ屋の前でバケツの中で泳いでいる淡水魚。バケツの中で泳がせるのはどじょうの体内に砂を含んでいるので食べる前に砂抜きをする為に泳がせています!!どじょうは栄養価の高い魚で高級魚として扱われており、主に関東地方や東北で食べられる。

食べ方は様々ですが、どじょうの柳川鍋は有名であとは小さいものはから揚げとして食べたり生きたまま鍋にしたりすることもあ。夏は鰻屋で串焼きとして出している店もある!!

スポンサーリンク




いわし(鰯)

  • 旬の時期 6~10月
  • 主な食べ方 刺身、塩焼き、たたき

イワシは一般的にマイワシ・カタクチイワシ・ウルメイワシの3種類分類され一番多く漁獲されるマイワシの旬が6月~10月なので一般的には夏場~秋にかけてが旬といわれています!!イワシは回遊魚で一年を通じて産卵する魚で春は北上し秋に南下されこの南下されたイワシは脂がのって美味しい時期といわれています。

イワシは身が柔らかく痛みやすい魚で小骨が多い魚で、主に刺身、煮付け、たたき、塩焼きなどで食べれることが多いです!!

あゆ(鮎)

 

  • 旬の時期 6~8月
  • 主な食べ方 塩焼き、天ぷら

鮎は淡水魚で少し特殊な魚で年魚と呼ばれる魚で産卵で体力を使い1年ほで生命を終える魚です!!また、天然の鮎はきれいな水でしか生きることができない魚で綺麗な水や川が減ってしまい鮎を獲れる川は少なくってきています。

鮎は6月~9月の産卵前の時期が一番美味しく食べることができ、秋の産卵後に体力がどんどん落ちて約1年で死んでしまうのですが、産卵をしないアユは1年以上生きます。

主に塩焼きで食べることが多く、養殖小さい鮎は天ぷらや似付けなどで食べられることもある!!

アジ(鯵)

  • 旬の時期 5~7月
  • 主な食べ方 刺身、塩焼き、なめろう

鯵の名前の由来は『アジが良い』ことに由来するといわれているくらい、良質な魚であり日本では古くから食べられていた魚である。アジは主に『真アジ』と呼ばれているアジが市場にもっとも多く出回っており、他にも『くさや』の原料とし使われるムロアジ、縞目の模様が特徴的なシマアジと呼ばれるアジは天然のものは高級魚として重宝されている!!

アジにはブランドアジと呼ばれるアジが幾つかあり五島列島、対馬海域(長崎県近海)で漁獲される『トキアジ』や瀬戸内海海域で漁獲され大分、佐賀県のブランドの『関あじ』、愛媛の三崎漁港の『岬(はな)あじ』など多くのブランドアジが現在あります。

関アジの場合は、漁獲される瀬戸内海の海流が非常に早くエサとなるプランクトンが非常に豊富なこと、水温の変化が少ないというアジを肥育する条件が整っており他のアジに比べて身がしまっていているのが特徴で、『関アジ』のほかに『関さば』などのブランドの魚が存在する。

スポンサーリンク




カマス

  • 旬の時期 6~8月、11月~12月
  • 主な食べ方 塩焼き、干物

カマスの旬は夏と冬の2回あり、夏はアオカマス(大和カマス)と、冬はアオカマスと呼ばれるカマスが旬を迎えます。一般的には冬に獲れるアオカマスの方が脂がのって美味しいとわれています。

また、カマスは他の魚と比べて水分多を含んでいるので、刺身にすると少し水ぽいのであまり刺身にはむかないので、干物や塩焼きで食べられることがおおい。

カンパチ

  • 旬の時期 6~9月
  • 主な食べ方 塩焼き、刺身

カンパチは通年を通して水揚げされたり、養殖が市場で多く出回っているため旬に関係なく1年中食べることのできる魚です。

また、関東では大きさによって『ショッコ、シオゴ、アカハナ、カンパチ』と名前が変る出世魚で関東では80cm、関西では60cm以上の魚をカンパチと呼び地方によって呼び名が変ってきます。

塩焼きにして焼いて食べることもありますが、刺身や寿司のネタで食べられます。

キス

  • 旬の時期 6~8月
  • 主な食べ方 天ぷら、から揚げ

産卵の時期は夏の終わりから秋にかけてなので産卵前の6月~8月までの間が食べごろの旬の時期となる。

一般的に私達が食卓で食べられるのがシロキスと呼ばれる種類で身は脂身の少ない淡白な白身魚で形の大きいものは寿司のネタや煮付けで食べられることが多く、小さいキスは天ぷらやから揚げにとして食べられる。

トビウオ

  • 旬の時期 6~9月
  • 主な食べ方 刺身、塩焼き

島根、京都では夏の県魚、長崎では秋の県魚として指定されている魚です。海の表面近くに生息し水上に飛び出し海面を滑空するの特徴で、水上から飛び出し空中では時速50kmを超えるためか胸ヒレや尾ヒレが非常に発達しているので他の魚と少し異なる。

トビウオの卵は「とびっこ」「とびこ」と呼ばれ赤くプチプチとした食感が特徴の魚卵で黒く着色したものをキャビアの代用として使われる!!また、九州地方ではトビウオを粉末状に乾燥させたもの「あご出汁」とよびあご出汁の原料として使われ、味噌汁のだしとしていれられる。

あわび(鮑)

  • 旬の時期 7~8月、11~12月
  • 主な食べ方 刺身

鮑は産地よって獲れる種類と旬の時期が変り夏に食べられるの「クロアワビ」と「メガイアワビ」と呼ばれる種類のもので、天然鮑は高級品として扱われいる。日本国内の漁獲の約25%は岩手県で獲られ年々獲られる量が減っており年々天然の値段も上がっている。

天然と養殖を貝殻で見分けることができ養殖のあわびは緑色で「グリーンマーク」と呼ばれています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク