スポンサーリンク




春夏秋冬、日本の四季を感じるのに欠かせないのが旬の食材(たべもの)ですが、こちらでは夏(6月~8月)に食べておきたい夏の旬の食材を紹介します!!

鯒(こち)、マゴチ

  • 旬の時期 6月~8月
  • 主な食べ方 薄造り、天ぷら、ちり鍋

日本海沿岸、宮城県~鹿児島県の太平洋岸、瀬戸内海と幅広く生息している魚で、水深2~50mの砂泥地の砂の中や、種類によっては水深200m~600mの深海に生息しているのもおり固体によって異なります。

養殖のふぐを扱っていないようなふぐ専門店は夏場はコチを食材として使用するくらい、『ふぐ』と並んで夏の王様と呼ばれるくらいの魚であり、ふぐのような薄造りの刺身、天ぷら、ちり鍋などで食べられることが多く夏を代表する魚となっている!!

ふぐと並んで高級魚として扱われていることや、それほど多く採れないこともで以前はスーパーなどではあまり見かけなかった食材です!!

ハモ(鱧)

  • 旬の時期 6~7月
  • 主な食べ方 天ぷら、梅肉合え、白焼き

初夏(暖かく)なると活発に動き回り身が引き締まってくので、ハモが一番美味しい時期として食べられることがおおく、8月を過ぎると鱧は産卵の時期に入るので産卵のために体力を使ってしまい、風味は落ち、身は肉付きが悪くなってしまいます!!

関東では余り馴染みのない食材ですが、西日本では良く食べられる食材で、特に京都では7月に行われる祇園祭りと非常に関係の深い食材となっており旬の時期と重なるハモでもてなしているくらいの食材で、祇園祭の事を別名でハモ祭りと呼ばれる程であり京料理では欠かせない食材となっている!!

ハモは非常に生命力の強い食材で、輸送技術が確立されていなかった頃に京都まで輸送して生きた状態で入手できたのがハモだったコトからハモを京都(祇園祭)で食べる文化が出来たといわれています。関東でハモが定着しなかったのは小骨が非常に多く他の魚介を東京湾で他の魚を食べることができたのが定着できなかった原因と言われている。

また、ハモの血液には毒をもっていて加熱しないと食べるこがでなくないので刺身で食べることができないので、天ぷらや梅肉合えなどで食べられることが多い!!

スポンサーリンク




とうもろこし

  • 旬の時期 7月~8月
  • 主な食べ方 天ぷら、ボイル(茹でる)、スープ、ポップコーン

とうもろこしは『夏の野菜』と思っている方も多くいるが、分類上では穀物に属し、米、麦、と並んでとうもろこしが世界三大穀物と呼ばれているくらい世界では幅広くエネルギー源として食べられている食材である。栄養価が豊富で特に食物繊維、ビタミンB1、B6、ミネラル、アミノ酸などが豊富です。

食べ方も豊富でサラダ、コーンスープ、おやつの変りにポップコーン、最近では茹でずに生でも甘くて美味しく食べれるとうもろこしが売られている!!

ちなみにポップコーンは爆裂種と呼ばれる品種のコーンが使われている名前の通り乾燥させるとはじける作用があり、それを利用して作られている。

ナス

  • 旬の時期 7月~9月
  • 主な食べ方 天ぷら、グリル、ボイル、煮浸し、漬物

『秋茄子』という言葉も耳にしますがナスは夏を代表する夏野菜です。秋茄子といわれていますがあくまでも『初秋』に出荷されるものを秋茄子と呼ばれていています。

ナスの種類は非常に豊富で形が大きいナスを『米ナス』、細長い『長ナス』、丸い形が特徴の『加茂ナス』など特徴がはっきりとしたものが多い品種が多いのも魅力の一つです!!個人的には皮の薄い『水ナス』は水分を多く含み生で食べても非常に美味なので是非試して下さい!!

ナスは油物と相性がよく、マーボー茄子や炒め物、天ぷらにしても美味しいですが、旬のナスは個人的には冷たく冷やした煮浸しや生で食べることで季節感をより一層味わうことができると思います!!

スポンサーリンク




えだまめ

  • 旬の時期 6月~9月
  • 主な食べ方 ボイル

居酒屋などでは一年中メニューとして見かけますが本来は夏を代表とする食材であり、夏に採れた枝豆は甘みと歯ごたえがあります。また、枝豆の成分の目地お人は肝機能の保護する役割があるのでお酒との相性も良い食材です!!

生の枝豆のままだと栄養が奪われてしまい味がどんどん落ちてしまうので茹でて保存した方が鮮度を保つことができます。枝豆の生産地として有名なのは千葉県で落花生など豆類は千葉県の出荷量が非常に多いです。

オクラ

  • 旬の時期 6月~9月
  • 主な食べ方 ボイル

オクラの原産はアフリカですが日本でも馴染みの深い野菜で主に鹿児島、高知や沖縄など暖かい地域で栽培・出荷されています。五角形の星型みたいな形が特徴的で独特の粘り気があり野菜の中でも人気が高いです!!オクラは実はちゃんと下処理をすれば生でも食べることができるので新鮮で旬な夏のオクラを生で食べてみるものわるくありません。

オクラの下処理の仕方

  1. 水洗いをして汚れを取り除く
  2. オクラのヘタと上部の固い部分を取り除く
  3. 塩をふりかけまな板の上で板ずり(転がす)
  4. 水で荒い流す

新鮮なオクラの判別方法

  • 産毛がたくさんついているもの
  • 色濃く綺麗な緑色をしているもの
  • ヘタの部分がしっかり張っていて軽く触ってみた時に固いもの

スポンサーリンク




スイカ

  • 旬の時期 6月~8月

分類上ではウリ科の野菜になりますが食べ物としては夏を代表するフルーツのスイカは夏を代表する食べ物と行って相応しいのではないでしょうか!!スイカの果肉の90%以上が水分でその水分も甘くなっており暑い夏に食べやすい食べ物となっています。

また、夏になるとコンビニやスーパーなどでゼリーやアイスなどの加工品として季節限定で販売されるくらい夏をイメージしやすい食べ物です!!

スポンサーリンク




夏を代表する食材(食べ物)

旬とは(その時期に食べて一番美味しい食べ物)少し違いますが夏をイメージする代表的な食材を紹介します!!

トマト

  • 旬の時期 5月~6月
  • 主な食べ方 生食、パスタ

太陽の光を浴びて真っ赤なトマトは夏を代表する夏野菜として有名ですが実は収穫は年中おこなわれており、実はトマトは高温多湿に弱く6月頃に採られるトマトが一番美味しく夏にトマトを選んで食べるなら北海道など出来るだけ北の産地を選ぶのがよいです!!一番美味しい時期は春先~夏場にかけてですが出荷量は夏場がダントツなのでやはり夏を代表とする食材といえるでしょう!!

トマトの赤い色素成分の『リコピン』は老化、生活習慣病の原因となる活性酸素を除去することが可能で、健康にも非常に良い食材として知られています!!

良く冷やした生で食べたり、パスタにいれてトマトパスタにしても美味しくイタリア料理では欠かせない食材となっています。また、熟れてしまったトマトは冷凍保存したあとにカレーやパスタなどに入れて食べることも出来ます。

うなぎ

  • 旬の時期 9月~12月
  • 主な食べ方 蒲焼、白焼き、丼

土用の丑の日となど夏バテ防止にようい食べ物といわれていますが、鰻の旬は水温が下がり始める9月~12月の時期に食べるのが美味しいと言われていますが、それは天然の鰻の話で、天然の鰻は国内で食べられる鰻の0.3%程しかなくスーパーや魚屋ではまずお目にかかれないものとなっていて一般の家庭で食べる鰻は養殖なので味はいつ食べても同じです。

また鰻の血には毒をもっているので生食で食べることができないため刺身などの食べ方がない。

土用の丑の日は平賀源内が夏場に脂ぽくなって味が落ちた鰻を売るための販売戦略として『本日、土用丑の日』を張り紙をだして繁盛したための名残と言われています!!その名残で夏といえば『うなぎ』というイメージをいまでも根付いています。

旬に美味しい食べ物とは少し違いますが、うなぎは夏を代表する食べ物といって過言ではありません。ただし最近うなぎの値段が高騰してるせいか消費量が減っており鰻を夏に限らず食べる文化自体が消えてきています。

かき氷

 

旬の食材としては少し意味合いが違いますが夏を代表する食べ物で、暑い夏に涼を求めて食べる方も多いのではないでしょうか。かき氷のシロップも日進月歩で進化しており、いまや変ったものがかき氷のシロップとして売られています。

夏が旬の食材一覧

野菜・果物

きゅうり ピーマン かぼちゃ ししとう
みょうが もろへいや いんげん とうがん
さくらんぼ プラム かぼちゃ

タチウオ いわし スズキ あゆ
いわな クロダイ あわび  

スポンサーリンク




スポンサーリンク