スポンサーリンク




夏場や冬場になるとエアコンのカビくさい匂いが気になってしまうことはありませんか?エアコンは1年中つけているわけではないので、久しぶりに稼動させたときにカビ臭いようななにか気持ちの悪い匂いに悩まされたことはありませんか?すぐに業者を呼んだり、市販のエアコンの清掃グッズで掃除をする前に簡単に嫌な悪臭を退治する方法を紹介します。

エアコンの悪臭の原因

  • カビ
  • ホコリ
  • 食べ物の匂い
  • タバコ
  • ペットの匂い etc…

エアコンを長い間使用していないとカビが発生し、食べ物や家庭生活の匂いがエアコンに染み付いてしまいます。この匂いの発生源はエアコン内部に内部にホコリを吸い込みカビを発生させ、匂いが染み付いてしまった状態でになっています。

エアコンは室内の空気を取り込むので、そのときにカビの発生源になりやすい埃を吸い込んでしまいカビの発生源となってしまっていエアコン内部の熱交換器に付着してしまいます!!

カビを吸い込むことの危険性

多量のカビを含んだ状態でエアコンを付けることで、喘息やアトピー性皮膚炎、鼻炎などその他健康被害を受ける可能性が非常に高くなります!!エアコンをつけた状態で常に部屋にカビをばら撒いてしまっていることになるので、体に非常に悪いということを覚えておきましょう。

エアコン内部に潜んでいるカビは主にアオカビが大半といわれていますが、カビが好む環境には他にも多くのカビが生息しているのでエアコン内部は最低限洗浄することをおススメします!!

窓を開けて1h冷房を最低温度で運転しよう!!

『窓を開けて1h冷房を最低温度(14~15℃)で運転』たったこれだけをすることでエアコンについて嫌な匂いとカビをなくすことができます!!

どうしてこれだけ匂いがとれるのか?

たぬたろうたぬたろう

どうして窓を開けて最低温度に設定して1h運転するだけで匂いが取れるんですか?

せんせいせんせい

それはね、低い温度で1h運転するとね、熱交換器などに付着して染み込んだニオイ成分やカビが結露水に溶け込んで室外に洗い流されるからなんだよ!!

たぬたろうたぬたろう

なるほど~!!エアコン内部のニオイをやカビを洗い流せるんですね

せんせいせんせい

エアコンにはね、人の汗の匂いや、化粧品、タバコの煙、料理の匂い、外から持ってきた匂いなどが濃縮して独特な匂いになって染み付きやすいので冷房や暖房を使う季節の変わり目にやることをおすすめするよ

エアコンに匂いが付かないようにする対策法

  1. 部屋をこまめに清掃、換気などしてホコリをなるべく溜め込まないようする
  2. 部屋の匂いを抑えるために消臭剤や炭などを部屋に設置する
  3. 定期的にエアコンを送風にして匂いやカビを溜め込まないようにする

1、部屋をこまめに清掃、換気などしてホコリをなるべく溜め込まないようする

エアコンのカビの発生の原因の主な理由はホコリが原因です。窓を開けて部屋にホコリをなるべく溜め込まないように空気の流れを作り一定の場所に溜め込まないように心掛けましょう!!

2、部屋の匂いを抑えるために消臭剤や炭などを部屋に設置する

匂いは自分が嗅ぎなれている匂いだと気付きにくくなってしまい、自分の部屋の匂いなどに鈍感になってしまいやすいので、常日頃から意識して匂いを溜め込まないようにする必要があります。ヌイグルミや布団などの布製品は特ににおいが付きやすいので消臭スプレーなどを撒いて匂いできるだけ溜め込まないようにして、部屋には炭などの消臭効果のあるものを置いておくと匂いが付着しにくくなります!!

時には自分の部屋の匂いが原因で新品のエアコンでも嫌な匂いがでてしまう場合があるくらい部屋の独特の匂いが原因となってしまう場合があります!!

定期的にエアコンを送風にして匂いやカビを溜め込まないようにする

カビは湿気のあるところに好んで生息するので定期的(1ヶ月に1回くらい)エアコンをつけて送風にしてエアコン内部を乾燥させるだけでカビが内部に生息しにくくなります!!

スポンサーリンク




スポンサーリンク