メシウマ太郎

ヘッダー

ブラックバイトと大学生の関係 知られざるアルバイトの権利と法律

      2015/08/23

最近ブラックバイトという言葉を耳にします。

そもそもブラックバイトとはどのような定義なのでしょうか?

自分で記事をみた個人的な感想ですが、本当にブラックなバイトは存在しているのも事実ですがメディアに乗せられ言葉が一人歩

きしている部分もあるのではないかと思います。

どのような企業をブラックバイトと呼ぶのか飲食店の目線からの体験談と法律と照らし合わせながらお伝えします。

スポンサーリンク

ブラックバイトとは?

topicks.jp

Ⓒtopicks.jp

学生・生徒の労働法規に無知なのを捉えて残業代そのものの不払いや割増賃金不払い、休憩時間を与えない、不合理な罰金の請求など労働基準法違反して学生や生徒に違法な長時間労働をさせたり、契約内容と違った業務をさせたり、厳しいノルマを課したり、高等学校や大学の試験期間であっても、休ませてくれないなど、扱いが酷いようなアルバイトのこと。(ウィキペディア参照

ブラックバイトを最初に提唱した中京大学教授の大内裕和さんは

「学生であることを尊重しないこと」

と定義しております。

知られていない労働法上ではアルバイトに認められている権利あるある

4aa5e4a7-s

Ⓒあにこ便

➀着替えの時間も労働時間(給料)

着替えて仕事のできる状態になってから打刻し、仕事が終わったら速やかに打刻しなさい。」と言われた事やハウスルールに明

記されていませんでしたか?

実は制服の着用が決めれている場合は着替えの時間も本来は労働時間に入ると決められています。

詳しくはこちら

勿論、着替えも仕事に入るので速やかに着替えなければいけませんが・・・。

ちなみに今まで飲食店で働いていて一度も文句を言われたことはありません。

あまりに更衣室が遠かった場合は言ってと思います。


➁社員だけでなくアルバイトにも有給休暇が認められている

知らない方は多いかと思いますが実はこれも認めらています。

労働基準法では6ヶ月働いて初めて権利が発生します。

くわしくはこちら

経験上たまにアルバイトに聞かれることはあります。

自分は一応上場している会社でしたので払わないとは言えませんでした。

労務の方からは「あなたが入れ知恵したの?」と聞かれ、その後小さな声で「全員に有給休暇を与えたらものすごい額の金額が動

いてしまうので、このの件は他のアルバイトには言わないでください。」と小さな声で言われました。

アルバイトの権利なので支払うのは仕方がない事なのですが、

「アルバイトに有給休暇を与える前にオレの有給を消化させてくれ」

と声を大にしていいたいです。

同じ会社でもどなたか詳しい方がいて、従業員のほぼ全員が定期的に消化してる店もありましたが自分の会社では例外でした。

また、ブラック企業ナンバーワンと言われたワタミさんはしっかりと払っていると聞いた事があります。

企業はブラックでもバイトにはブラックではないのかもしれないですね。

補足 アルバイトの有給休暇のシステム

アルバイトの有給休暇と言っても社員とは少し違います。

勿論有給休暇を消化してお金が発生するのですが、

過去半年間の勤務日数と一ヶ月の労働回数と労働時間によって変わってきます。(厳密にいえばちがいますし、ものすごく面倒く

さい計算方式なので省きます)

例えば週3回で働いて1回の平均賃金が7000円だとしたら、大体4000円くらいです。(適当)

また、バイトの子が仕事を辞めるときに有給を一気に全部を消化するのは、「労働基準法で定められた本来の使い方と著しく離れる」と言われ有給休暇の支いを渋られた経験があるので気をつけて下さい。

過去に2年くらい勤めて週に2回勤務で、給料が月に4万くらいの方が学校を卒業するのを理由で辞めるときに(もしかしたらもっと働いていなかった)、会社に有給の手続きをして(散々嫌味を会社の人に言われながら)計算の結果、2年分1度も消化していなくても金額が2〰4万くらい(勤務日数と労働時間が少ないから)でした。

そのことを彼女に伝えたら自分に「今までこんなに会社に尽くしたのにこれしか貰えないの」と自分に文句を言ってきた彼女の事は一生忘れる事はないでしょう。(彼女の権利を最大限尊重したのにこの仕打ちかよ)

ちなみに彼女はこのお金で卒業旅行に行こうとしてたらしく、週2回ですが2年間働いたのでもっとたくさんの金額を貰えると思っていたらしいです。

アルバイトで企業が大きい場合は払ってもらえる店も中にはあると思いますが、ごく少数だと思います。

小さなお店であればバイトの有給休暇があることを理解していない方もいるかと思います。

事実知らない社員は結構いました。


 

劇訳表示

 

Ⓒ劇訳表示

➂勤務時間を6時間を超える場合は休憩時間は45分以上の休憩をとらなくてはいけない

これは知っている方(やられているお店)は多いのではないでしょうか?

居酒屋だと意外と守られてないお店は多いと思いますが、カフェなんかでバイトしている方はしっかりと休憩を取られていると思います。

法律で決まっていることですが自分の会社は守ってません。

アルバイトさんには大変申し訳ないのですがホントに休みなく働かせてます。

ちなみにこれやれると拘束時間が増えて稼げないから休憩いらないなんて方もいるかと思います。

法律違反ですが人それぞれですね。


➃労働時間は1分単位

これは結構厳密に言えばなんですけどね。

たしかですが30分刻みはアウトで15分なら問題ないらしいです。

ただし、15分刻みでギリギリまで働くのはアウトです。

これ結構ギリギリまで働かされてる方いるんじゃないですか?

お金の不満は辞める原因になるので自分はそんな事がないように心掛けましたが、ギリギリまで働かせてしまったこともありますが雇用者側としては難しい所もあります。

くわしくはこちら


➄仕事中に怪我をした時の病院代は払わなくて良い

仕事中に思わぬ怪我をすることはあるかと思います。

権利としては仕事中の怪我は労災がおりるので労災の指定の病院に行けば払わなくて大丈夫です。

飲食でさすがに上場していたの時は労災はおりましたが、小さな店や会社は自己負担しなければならないところは多いのではないでしょうか?

くわしくはこちら

他にもまだ、10時間を越える勤務は超過手当て(時給の1.25倍)を貰えるなど、色々ありますので詳しくはこちらへお願いします。

これは労働基準法で決まっている事で明らかに違法行為なのですが、何とも難しい所はあるかと思います。

知らないで損をする事はあっていても知って損をする事ではないので覚えて置いてください。

飲食店と学生アルバイトの関係を考える

Ⓒhttp://gamebiz.jp/

Ⓒhttp://gamebiz.jp/

本当におかしいと思ったらまずはブラックバイトユニオンに相談しましょう。(最近はこんなんできた)

大きな企業はコンプライアンスセンターみたいなのがあると思うのでそちらに電話をするのがいいと思います。

給与をカットなどは本当によくある事なので自分の労働時間はしっかりと確認するべきです。

ちなみにそういった事が会社にばれてもやった当事者はそこまで咎められなかったり。

会社の利益のために社員がやった事は案外お咎めなしなんてこともありまーす。

本当に仁義の外れた少なからずありますが、学生やアルバイトをする人のモラルや仕事に対する意識が低いために起こっているかたが少なからずいます」


ブラックバイトの典型でこんなのを見ました。

「大学テストの時に休みを貰えない」

週に4回バイトに入ってる人がテストの期間はほとんど働かない。テストが大変な学校は多々あるかと思いますが、学生の本分は勉強なので普段から勉強をして頂きたい。
週にテスト期間は多少シフトは減るのは仕方がないが最低限は入るのが常識なのではないのだろうか?そのシワ寄せを他の方に行くし、テストが終わったからシフトを増やして欲しい等、人が関わる仕事では難しいのではないか?

テストの1週間前からテスト期間中の1ヶ月全て絶対に働かない方がいて、テストが終わりシフトを出してきたが、人がたくさんいたのでその人の希望通りにならなかった(しなかった)。私に「このシフトはイジメで私の事が嫌いだから削っているんですね」といってきた、彼女の事は忘れない。(確かにあまり好きではなかった)


「風邪をひいたので休みたい」

急な病気は本当に仕方がないことだと思いますが、風邪を引いて休みたいといわれ私はいつから引いて病院にはいったか必ずきくのですが「三日前から風邪をひいて病院にも行っていないと」答えられました。

そんな人をどう擁護してあげていいのかわかりません。

社会人なら風邪を引いたら病院にいくのが常識で休みの日は健康な状態を作るのが基本です。

アルバイトは学校ではありません、お金を貰う以上プロなのです。


「社員並みの仕事を与えられる」

別に問題ないじゃん。やる気のある人に仕事を教えることになにがいけないかわかりません。

ただ、仕事が多くその人が割に合わないと思っているだけで実は対した仕事ではないんじゃないんですか?

自分はやる気のない人には仕事を無理に教えませんがやる気のある人間には教えてあげればいいと思います。

そのほうがモチベーションもあがるのではないでしょうか?

自分は社員とアルバイトの違いは「責任を取れる」ということだと思います。

ただ、それを苦痛に思う方がいるのであれば、一番の問題はコミニケーション不足なのではないのでしょうか?

ブラックバイト対策

教えているブタ

本当に不安な方はまずはできるだけしっかりとした(大きな)企業を選ぶのがよいと思います。

個人店や小さな企業は社員同様ブラックになる確立は高いです。

企業が大きくてもワンオペで有名な「す〇家」などブラックなところはもありますが、可能性からいって決まりがしっかりしている大きな企業でアルバイトをするのがよいかと思います。

コンビニは基本FCが多く個人経営みたいなもので売れ残りの買い取りやノルマみたいなのがある場合もある(勿論良くないことなのですが)働く前にしっかりと確認をしておくことが大切です。

雇用者と労働者の価値観の違いもあるので、何ができて、何ができない、長期で休むのか否か?など、もしあるのなら自分から伝えるのが無難です。(意外と面接者は人事のプロでないかたがする場合が多いのでしっかりしてないことがあります)

本当にひどい時はやはり身近な方に相談したほうが良いです。

最後にこの記事を書きながら感じたことは、かなり酷いアルバイトがあるのも事実ですが、面接時にしっかりと確認する事で大分防げるのではないでしょうか?

賃金をカットや不払い、パワハラ、セクハラなど自分一人では防げない環境に置かれることもあるかと思います。

しかし、就業前にしっかりと話し合うことで大分解決できるのではないですか?

面接する方が教えてくれない(無能)なのが一番の原因ですが、実際に相手が無能ならこちらから聞いてミスマッチをなくしていけないのではないかと思う。

自信が面接の時に超過勤務や深夜手当て、その他の労働に関して面接の時に聞かれても全く悪い気はしないし、(むしろ大体のことは話すが)急にいわれても困ることもあるしむしろなんでも言って欲しいくらいだ。(ただし、採用する側から言わせて貰うとさすがに有給の事をきかれたらあまり採用したいと思いませんが)

それだけで、ブラックバイトと言われる件数はかなり減ると思うしミスマッチはなくなる。

原因が起こってしまったものはしょうがないが自分の身を守れるのは自分だけなので企業のせいにするのも悪くないが、その前に自分で確認をしていくことも大切なのではないではないか?

こいつはクリックして貰うたびに喜びを感じる妖精なので是非苛いじめて見て下さい
↓↓↓↓↓↓
ブログランキングバナー

ブログ村バナー

 - コラム , ,

ブラックバイトと大学生の関係 知られざるアルバイトの権利と法律

Copyright© メシウマ太郎 , 2015 All Rights Reserved.