スポンサーリンク




牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめ

リブロース

無題

リブは「肋骨の背肉」という意味でリブロースとは背中の部位で肩とサーロインの間にある。

大きく形も良くサシ(脂)の入りが良く風味もあり柔らかく牛肉の中で高級の部位に入りステーキやしゃぶしゃぶとして使われことが多い。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~リブロース~

ダウンロード (8)

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★
★★
★★★★

リブキャップ 別名 カブリ リブカブリ

valkDS4tay0Lme21435803300_1435803308

リブは「肋骨の背肉」という意味でリブキャップとは肩ロースとサーロインに挟まれた部分でその中でも背肉の上にある部位を指す。

見た目は非常に美しく牛肉の中でも最高級の部位なので焼肉やローストビーフなど肉の味を前面に出す料理に使われる。

脂も甘みも歯ごたえもありとてもうまい。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~リブキャップ~

dHm5nh80ga2APDu1435803687_1435803753

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★★
★★
★★★★

 

リブロース芯 別名 リブ芯

yqYA7FstQqyyiLp1435803333_1435803340ⒸR25

リブは「肋骨の背肉」という意味でリブロース芯(リブ芯)とはその名前の名前の通りリブの芯(真ん中)にあたる部位の呼称でリブロースの中で最もバランスの取れている。

ツヤ、霜降り、見た目の美しさ、柔らかさ全てにおいて他の牛肉の部位の中でも群を抜いておりしつこさはなく、噛めば噛むほど甘みがだんだんと広がってくる味わいが特徴だ。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~リブロース芯~

ダウンロード (9)

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★★
★★
★★★★

牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめ

スポンサーリンク


スポンサーリンク