スポンサーリンク




牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめ

くり、くりみ  別名 腕三角、しゃくし 

無題

肩から前足上部の部位でミスジと隣接している部位の呼称。

牛は体の構造上前足に比重がかるので、必然的に運動量が多くなりここの筋肉が発達していて脂肪は少なく筋や筋膜が多いので肉質はきめが粗くややかためである。

たんぱく質が多くうまみが強いのでスープに使われることもあり、筋肉が多いため独特の舌触りが楽しめる部位で刺身やカルパッチョで食べることもある。

脂身は少ないので味はしつこさがなく、赤身の味が前面に出ているのが特徴で柔らかく脂たっぷりなイメージとは少し違うのが特徴である。

かなりマニアックな部位であり好みの方にはものすごく好きな部位である。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~くり、くりみ~

http://www.suzuki.shop-site.jp/

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★
★★★
★★★
★★★★★

牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめ

スポンサーリンク


スポンサーリンク