メシウマ太郎

ヘッダー

ラーメン二郎荻窪店 ~ジロリアンでない私の辛口な感想~

   

「アブラヤサイニンククカラメ」

並んでいる客が魔法のような言葉を発するお店で有名ならーめん二郎。

私はジロリアンでもないし汚い狭い店は嫌いだし、あの味を病みつきには馴れないので二郎というお店自体も数年ぶりの来訪。

二郎を模倣したインスパイア系のらーめん大も私の口には合わなかったので足は遠のきまくり…。

そんな想いがあったのですが潰れたと思っていたラーメン二郎荻窪店が気付いたら復活をしててしかも外から見える店内も綺麗で口コミも悪くなかったので行かない手はないと思い行って参りました。二郎荻窪 外観その2

スポンサーリンク

店内

二郎荻窪 外観評価(5段階) ★★

カウンターのみの11席、決して居心地のよい空間ではないしジロリアンもそんなことを求めていないしこの店には誰も求めていませんっ。

まぁカウンターはベトベトしていてあまりよいものではないんですけどね。。。

二郎系のお店では店内も綺麗なのではないでしょうか。

小ラーメン(やさいにんにく)

二郎 ラーメン小 あぶらにんにくやさい久しぶりの二郎ということもありちゃんと呪文を言えるかどうか不安で不安で…。

小雨の中並んでなさそうな21時過ぎの時間を見計らい運よく並ばずに入店できました。

隣には巨大な男の方が…(ただでさえ狭い席なのに)

やや緊張の中に着席し注文を

「やさいにんにくアブラでお願いしますっ」(震え声)

  • ヤサイ(もやしいれるか否か)
  • にんにく(にんにくの有無)
  • アブラ(背脂の有無)
  • からめ(味を濃くするか)
  • マシ、マシマシ、チョモランマ(多め、二倍、3倍)
  • 少なめ(麺の量が大量なので少なめを頼む場合はここで)

等と呪文(コール)はたくさんあるようです。

食券には小ラーメンと大らーめんの二種類しかないのですが二郎素人の私は小でいいのかと悩みましたが、実物をみたら…

もう量がもの凄くて…

気になる味なのですが半分くらいまでは美味しく頂けたのですがそれ以降は私的な二郎特有の修行モードでした。

チャーシューは固いのですが食べ応え十分の量でよかったという印象でした。

色々調べてみたら、麺がスープを吸いやすいので(確かに食べてみてそうでした)地返しという食べ方(麺を表にさして野菜豚をスープに浸すことで麺をスープに吸わせないテクニック)が良さそうでしたので次回もし行く機会があれば挑戦してみたいとおもいます。

飲食店に行って少なくてもラーメンや一人でご飯を食べに行き初めて少し残してしまいました。

体調が悪かったのか二郎は私の相性に合わないのかはわかりませんが本当に粗末なことをしてしまいました。ごめんなさい!

まとめ

インスパイア系の王道ともいえる二郎店内は綺麗で接客もそれほど悪くはないようです。

駅からやや遠めに位置していているのですが私が昔食べた時のイメージだった強烈なジャンキーさはなくこちらの店は二郎の中ではマイルドなほう(十分強烈だが)タイプという印象を受けました。

荻窪のラーメンでジャンキーなインスパイア系を求めるのであればぜひこちらに一度立ち寄ってみては如何でしょうか?

 - 荻窪・阿佐ヶ谷グルメ

ラーメン二郎荻窪店 ~ジロリアンでない私の辛口な感想~

Copyright© メシウマ太郎 , 2017 All Rights Reserved.