メシウマ太郎

ヘッダー

婚活イベントやお見合いパーティーを失敗しない選び方 テクニックブログ

      2015/08/30

以前私のいた飲食店ではよく婚活パーティーでよく使って頂いき、その幹事様(そのイベントの社員の方)と仲良くなり色々なお話を聞かせて頂いたり、実際のお見合い会場に店員として何度も潜入したことから得たことをこのブログで紹介いたします。

ちなみに私の所に来て頂いたのはパーティーパーティー(PARTY PARTY)ことIBJさんに物凄く良く使って頂きました。

スポンサーリンク

お見合いパーティーを何度も店員として体験した私が導きだし比較と検証

©tr.twipple.jp 

お見合いパーティーの流れ

予約の30分ほど前から大体集まり始める。

空いてる時間に簡単な自己紹介カードと名札をする。

時間になったらお見合いパーティーがスタートする。

男性がぐるぐる回り一人2分くらい!?話して交代していく。

全員の方と接触したら後は自由タイム。
(ここでスタッフの方は退場します)

後は席替えをするなりその方々の自由でありコミ力が試される。

ここで行われるのは若干の違いはあれどこのような流れで行われます。

居酒屋やバーで行われるのはどこのお店も多少の違いはあれどこのような形で行われております。

私が店員として男性女性を舐め回すように恐れ多くもスペックを評価した結果

スペック10段階評価

甘ブリ

9~10点 0%
7~8点 15%
6~7点 30%
5~6点 35%
1~4点 20%

※私個人採点であり人によって異なる場合がございます

と人は見た目だけではありませんが大雑把にまとめるとこのような方が多く集まっておられます。

残念なことに私が見た感じでは芸能人クラスのイケメンや美女はいないのでその点はあまり期待されないほうが宜しいかと思います。

また、全体的にレベルが低めの回もあったので当然当たり、ハズレはあるのでご了承下さい。

また、男性に比べて女性の方がやや友人同士での参加をされている方が多い印象を受けましたが、女性も大多数が一人でいらっしゃってました。

また、リピーターも多数いらっしゃり男性も女性も共にリピートしている方はいらっしゃっていました。

また、ここで注意して欲しいのはよく申し込む際に「年収○○万以上」なんて書かれていますが、証明書などをあくまでも自己申告でなので、本当にその規定の年収ではない可能性があるということを注意して欲しい。

話はお見合いパーティーに戻りますが、最初の冒頭の時間だけにある程度スタッフの方が誘導するので、場合によっては全く盛り上がらない可能性もあります。(私が見た限りでは葬式ムードのようなことは一度もなかった)

やはりこれは目的が出会い(結婚)という共通の目的があるので最低限の会話がなされるからだと思われ、合コンやナンパしたと機はお互いの目的が違うので全く話しが噛み合わない(葬式のような雰囲気もある)ことはあまりないのでないか。

良いか悪いかは別としてここではライバルである同姓同士での会話も勿論あるし結構盛り上がっている。

ただし、基本初見同士の飲み会なので物凄くお互い気を使い合っているのは言うまでもないが・・・。

ここでは大体2回ほど誰かが席替えを要求して席替えしてから、時間が来たら2次会に行くような流れが見た感じでは一般的でした。

とここまでが一般的な流れかと思います。

理想の方や自分の条件に当てはまる方はあくまでも運の要素はかなり強いと思いますが参考にどうぞ。

パーティーパーティー(IBJ)はサクラは基本使っていない

あにこ便4343

パーティーパーティー(IBJ)さんのスタッフの方が言ってたので間違いはないかと思います。

基本お金を先に振り込んで貰うシステムなのでバックレもあまりなしですし、また、人が集まらない時は直前に格安で値引きをしたり何度も参加された経験のある方にメールをするなりして人材を確保しているとの事ですのでご安心ください。

サクラに注意 ネットで感想や口コミ情報は要チェックすべし

集客する力のない所はサクラなどを使っている会社ももしかしたらあるらしく(どことは教えてくれなかった)、婚活パーティーに参加する前はネットで事前に口コミを見るなりしてチェックされほうが良いかと思います

おすすめはバスツアーなどのアウトドア系のお見合いパーティーイベント

ⓒ脳とアニメーション3

これはパーティーパーティー(IBJ)さん曰くお値段は普通の店舗型のよりは多少値段もかかりますが、お勧めはバスツアーなどのアウトドア系の婚活イベントがおすすめとのこと。

勿論それには理由があり、バスツアー系のイベントに参加される方は比較的にアクティブな方が多く、居酒屋などで行われる店舗型はやや内向的なコミ力の低い方が相対的に集まっていて、アウトドア系の方がコミ力が高く容姿も男女共に良い方が集まる方が多いのだとか。

また、バスツアーや横浜散歩ツアー、流しそうめんツアーなどのイベントは個室で飲むよりも接点も多いので盛り上がったりもするので異性の方とも親密になりやすいのでカップル成就率はお高めとのことです。

大きく分けて3種類

婚活パーティーの種類は大きく分けて3種類あります。

①お店で料理やお酒を飲みながら距離を縮めるプラン

予算 男性 7000円~9000円 女性 3000円~4000円

こちらが居酒屋やレストランなどで開催され、簡単なあいさつを交わし、フリータイムの後、自分の力で連絡先を交換する形で、最もスタンダートな形のプランだと思います。

当然のことながらコミ力を必要とし、と狙っている方に近づくための努力、ライバルとの競争力が求められる。

➁無理矢理カップリング方式(昔のねるとん方式)

予算 男性 5000~7000円 女性 2000円~4000円

こちらはタブレットに自分の自己紹介を入力した後に個室で1対1で約5分~10分程の会話をして、その後簡単なアピールタイムの後、気になる方上位三名程選び見事カップルとなれた方のみ連絡先を交換できるシステムです。

メリットは気になる人とのみと連絡先を交換することでき、興味のない方との連絡はとらなくても良いということです。

カップルになれた時のメリットはかなりでかいと思いますが、意中の方と成立せずにライバルに持っていかれた時のショックは計り知れず。

ハイリスクハイリターンコースである事間違いなし。

コミ力は勿論あったほうが良いが、タブレットに自己アピールを記入がやや重要なので文章力でカバーできる場合も!?。

時間が短いので印象や容姿などが他に比べてやや重要かも・・・。

最初から1対1で話さなくてはいけないので人見知りする方はきついかも。

③バスツアー、トレッキング、料理などのアクティブプラン

予算 男性 9000円~12000円 女性 5000円~8000円

トレッキング、料理などをして距離を縮めるプラン。

何気ないことで相手の気配り具合やちょっとした一面見れるのが多いのかもしれない。

基本的にコミ力のある方が参加するし、興味のあるプランを参加するので意外と話しやすいのではないか。

ただし、参加人数も多いプランもあるのでなかなか意中の方と触れ合えなかったりライバルが多いなどのデメリットも・・・。

参加料が高いのが玉に傷。

求めらるのはと相手を気遣う気持ち、空気を読む力は要必須。

まとめ

個人的におすすめしているのが➂のプランなのですが、性格的な問題や人によっては、合わなかったりするので結局はその人が色々なメリットデメリットを考えた上で決めれば良いと思うし、その人にあった出会い方があると思いますのでそれにあわせてやれば宜しいかと思います。

本当にある信じられないクレーム(口コミ情報)

あにこ便

「連絡先を交換したけど相手から返信がない」
「男性の方に告白したら振られた」
「遊ばれた」
「好みの方がいないので金を返せ」

このようなクレームは結構あるとの事です。

婚活パーティーはあくまでも出会いを提供する場であり、出会い保障する場所ではないということを多くの方は理解されているはずですが、中にはクレーマー体質の方も結構いらっしゃとのことでスタッフの方も苦労されているみたいです。

どんな時でも常識のある行動が求められるかと思います。

まぁこんなクレームをつける方はどうせ一生独身又はすぐに離婚する方が大半だと思いますが。

まとめ 32歳独身、ブログを書きながら焦るオレ 

最近は色々な出会い方が増えてきたので自分にあったお見合いパーティーを選ぶのが一番良いかと思います。

実際の所どうなのかわかりませんが、色々なプランを見ていると、お見合いバスツアーとただの日帰りツアーと料金に対して価格差があまりないのもみれれた。

自分が知っている会社はPARTYPARTY(IBJ)さんしか知らないので参考になるかどうかはわかりませんが少しでも参考になれば幸いです。

また、どんなお見合いにもハズレのプランや自分のタイプ方や良い方に出会えないこともあるので、リスクを自分でしっかりと管理することが重要なのであまり卑屈にならないようしたいですね。

32歳独身、現在ブログを書きながら焦り始めた私に幸あれ。

↓↓他にもこのような記事を読まれています↓↓

最近評判になっている婚活応援居酒屋相席屋の横浜店にいってみた
最近、都内や関東圏、大阪、名古屋などで人気の婚活応援居酒屋相席屋にいってみたののでその感想と、そこからわかった事実があるのでま...

 - コラム

婚活イベントやお見合いパーティーを失敗しない選び方 テクニックブログ

Copyright© メシウマ太郎 , 2015 All Rights Reserved.