スポンサーリンク




豚でもわかる豚の部位入門 五十音順検索まとめ

フワ

 

フワとは豚の肺の部分の呼称でホルモンに分類される。

由来は触感がスポンジみたいに「ふわふわ」していることからフワと呼ばれるようになったという説があり、牛の肺もフワと同様の名前が付いている。

個人的には焼いて食べたりするのは触感、味ともに美味いといえるものではないせいかお店でもあまり見かけることはありません。(下処理がよくなかったのかもしれない)

良くある食べ方しては角切りにしてもつ煮に入れて食べることが多いです。

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ フワ

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★



スポンサーリンク




 

シビレ

 

シビレとは豚のリンパ(胸線)の呼称でホルモンに分類される。

味わいは非常にクリーミーで柔らかい触感が楽しめるが一頭からはほんのわずかしか取れない希少部位である。

また、イタリア料理やフランス料理などの食材としても使われることもある部位。

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ シビレ

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★★



スポンサーリンク




 

ナンコツ

 

ナンコツとは器官から食道、声帯の周りの部位の呼称でホルモンに分類される。

1頭からはあまり取れない貴重な部位であり、コリコリとした食感を楽しめる。

イメージとしては焼き鳥で食べるヤゲン軟骨みたいな感じ(そこまで肉はついていない)であり味わいを楽しむモトのというより食感を楽しむ部位である。

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ なんこつ

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★



スポンサーリンク


スポンサーリンク




豚でもわかる豚の部位入門 五十音順検索まとめ