メシウマ太郎

ヘッダー

牛でもわかる牛肉の部位解説 ~ハツ ハツモト レバー テール シビレ~

      2015/07/27

牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめに戻る

目次

スポンサーリンク

ハツ ハツモト

無題ⓒhttp://ameblo.jp/oniku-hirai

ハツとは牛の心臓の部分の事であり、名前の由来は英語の「ハート」から「ハツ」と付けられた。

1頭から約2kg程取れる。

綺麗な赤みがかかっていてその周りに白い脂の層がある。

脂には独特のコクがあり好きな方も多い。

また、血管や大動脈の部位をハツモトと呼びコリコリとした食感が非常においしくマニアにはたまらない部位もあるが、あまり市場では出回っていない。

筋繊維が柔らかいので歯切れもよくサクサクと噛み切れるのが特徴で脂のついた部位やハツモトは食べ応えががある。

また、ビタミンB12が多く含まれていて貧血や不眠症、美容によいとされている。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~ハツ ハツモト~

8BTlGZN9cnFwy2o1437839079_1437839093Ⓒhttp://hamada.air-nifty.com

希少度  ★★☆☆☆

価格帯  ★★☆☆☆

カロリー ★★☆☆☆

マニア度 ★★☆☆☆

レバー

無題ⓒhttp://ameblo.jp/oniku-hirai

牛の肝臓の部分でありモツと呼ばれる部位の中でも人気は高い。

1頭から取れる重さは5~6kg程取れる。

新鮮なもの程歯ざわりが楽しめ、また、独特の臭みがあるので苦手な方も多いのではないか?

同じ、鶏、豚に比べれば一番、肉らしく味がしっかりしている。

鶏はクリーミーで、豚は臭みが少なく、牛は肉らしいのではないでしょうか?

栄養価が高くビタミンA、鉄分、ミネラルを多く含んでいる。

以前は生食で食べれることもできたが、牛肉はO157を含んでいるため「食の安全」の観点からからレバーの生食は現在では禁止されている。

ちなみに原因となった事件は焼肉酒家えびすの集団食中毒事件から規制がかけられた要因の一つとなった

ウシが独自に分析 牛グラフ ~レバー~

E1gJh9chpi5Idti1437839174_1437839197Ⓒhttps://www.google.co.jp

希少度  ★★☆☆☆

価格帯  ★★☆☆☆

カロリー ★★☆☆☆

マニア度 ★★★★☆

テール

無題テールとは牛のしっぽの部分でよく動いているので肉の味が非常に濃厚なのが特徴である。

とてもよいダシが取れるのでテールスープなどスープ料理に使われることが多い。

肉質は硬めで店によっては骨付きででることもあり、少し筋ぽいところもあるが、有余る味の濃さが特徴である。

コラーゲンが多く含み、韓国では好んで食べられる。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~テール~

RQ0PfAFoAG1N7Se1437839271_1437839289Ⓒhttp://item.rakuten.co.jp

希少度  ★★★☆☆

価格帯  ★★★☆☆

カロリー ★★★★☆

マニア度 ★★★★☆

シビレ

無題ⓒhttp://ameblo.jp/oniku-hirai

シビレとは牛の胸腺(リンパ)に当たる部位である。

こちらもホルモンの中に入る部位である。

牛肉の中では恐らく一番味がさっぱりしていて、食感もなんともいえないものがある。

クリーミーな感じがするので臭みが取れた鶏のレバーといった感じではないだろうか。

1頭からはあまり取れない希少部位である。

ウシが独自に分析 牛グラフ ~シビレ~

s_00kfⒸhttp://r.gnavi.co.jp/t158900

希少度  ★★★☆☆

価格帯  ★★☆☆☆

カロリー ★★★☆☆

マニア度 ★★★★☆

牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめに戻る

 - 牛肉の部位

牛でもわかる牛肉の部位解説 ~ハツ ハツモト レバー テール シビレ~

Copyright© メシウマ太郎 , 2015 All Rights Reserved.