メシウマ太郎

ヘッダー

ウシでもわかる牛肉の部位入門 サーロイン フカヒレ エンピツ 

      2015/07/27

牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめに戻る

目次

  • サーロイン
  • フカヒレ
  • エンピツ
  • スポンサーリンク

    サーロイン

    pNCBEwsejUjL5is1435888626_1435888634ⒸR25

    背肉の後半部分でリブロースの後ろ部分である。

    牛肉と想像した時に最初に思い浮かべる部位がサーロインの方も結構いるくらいのメジャーな部位である。

    サーロインの「サー」の部分は騎士の称号ことで、16世紀のイギリス国王(ジェームズ1世)が食べた部位【ロイン(腰肉)】がとにかく旨かった。

    そのとき王は剣を抜き肉(ロイン)に向かって「汝にサー(騎士の称号)を与える」と宣言した。

    これがエピソードがサーロインの名前の由来である。

    あまり運動しない部位で筋肉は柔らかく脂を多く含み見た目も美しい。

    特に和牛の場合は脂肪が入りやすくとても芸術的な霜降りがみられることもあり「肉の王様」と呼ばれる。 柔らかい肉の中からたくさんの脂が溶け出し肉の旨味と脂の甘みが交わった濃厚な風味。

    一般的にステーキとして食されることが多い。

    ウシが独自に分析 牛グラフ ~サーロイン~

    ダウンロード (10)Ⓒhttp://www.rakuten.ne.jp/gold/kobegrill

    希少度  ★★★★☆

    価格帯  ★★★★★

    カロリー ★★★★☆

    マニア度 ★★★☆☆

    フカヒレ 別名 マキ

    yqYA7FstQqyyiLp1435803333_1435803340ⒸR25

    リブロース芯に巻きつくような位置にある部位である。

    形がフカヒレに似ていることが名前の由来。

    別名のマキはリブロースに巻き付いていることからきている。

    ステーキとして出されるときはリブロースとして出されることもある。(リブロースに巻き付いているので) 肉質は柔らかくリブロース芯と比較すると柔らかい。

    リブロースの隣にあるだけで旨味は濃厚で霜も入りやすい。 脂が非常に多くマグロに例えるならオオトロの部位にあたる。

    ウシが独自に分析 牛グラフ ~フカヒレ~   

    MjJRgJRKOgKrBVf1435888969_1435888989Ⓒhttp://food-majority.co.jp/

    希少度  ★★★★☆

    価格帯  ★★★★★

    カロリー ★★★★☆

    マニア度 ★★★★★

    エンピツ

    yqYA7FstQqyyiLp1435803333_1435803340ⒸR25

    えんぴつの先のように細長い円すいの形をしている。

    リブロース芯の近くにある部位でほんのわずかに存在する超希少部位である。

    肉と霜降りのバランスが非常によく肉の味と旨味のバランスが素晴らしい。

    歯ごたえは柔らかく、リブロースのようにきめ細かい肉質は同じである。

    1頭からほんのわずかしか取れないのでこの部位とお目にかかる事もあまり多くはない。

    ウシが独自に分析 牛グラフ ~エンピツ~   

    STHjA0IE_Gksi4F1435889054_1435889074Ⓒhttp://food-majority.co.jp/

    希少度  ★★★★☆

    価格帯  ★★★★★

    カロリー ★★★☆☆

    マニア度 ★★★★★

    牛でもわかる牛肉の部位入門 五十音順検索まとめに戻る

     - 牛肉の部位

    ウシでもわかる牛肉の部位入門 サーロイン フカヒレ エンピツ 

    Copyright© メシウマ太郎 , 2015 All Rights Reserved.