スポンサーリンク




豚でもわかる豚の部位入門 五十音順検索まとめ

タン

タンとは舌の部分の総称をタンと呼ぶホルモンに分類される。

長さにして15cm程の大きさで牛と豚ではそもそサイズが違うのですが牛タンに比べると小さく、あっさりとした味となっている。

タンは先のほうにいくにつれて固くなっていき根元のほうは『タンモト』『上タン』と呼ばれている。

一般的に「タン」とメニューにあるときはタンの真ん中から先の部分で提供されるが、、牛タンの「上タン」とは違いそれほど高価な部位ではないためタンをを頼んでも上タンの部分が提供されることが多い。

味は牛タンに比べると淡白でさっぱりとした歯ごたえが特徴です!!

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ タン

希少度
価格帯
カロリー
マニア度




スポンサーリンク




タンシタ

タンシタとは舌の根元の部分を「タンシタ」「タンモト」「上タン」などと呼ばれておりホルモンに分類される。

牛の「上タン」と同じだが「タンシタ」は「上タン」違いそれほど貴重(高価)でなく普通にタンとして出される場合もある!!

タンシタはタンの先と比べ脂がのって柔らかくなっているのが特徴的である!!

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ タンシタ

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★



スポンサーリンク




ハツ

ハツとは豚の心臓の部分でホルモンに分類される。

牛の心臓の約3分の1の大きさで脂肪が少なくやや淡白(あっさり)な味である。

豚の心臓は栄養価が豊富でビタミンB1、B2がタウリンなどが多く含まれ疲労回復に高価があるといわれている。

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ ハツ

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★



スポンサーリンク




ハツモト

心臓の周りや心臓の繋ぎの部分を「ハツモト」と呼ばれており白い筋繊維みたいな部位を集めた部位である。

コリコリとした触感が特徴でありやきとん屋ではタレで提供されたりもするが、1頭から取れる量が限られていていたり、商品としてだされず捨てられてしまう場合がある。

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ ハツモト

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★★★



スポンサーリンク


スポンサーリンク




豚でもわかる豚の部位入門 五十音順検索まとめ