スポンサーリンク




豚でもわかる豚の部位入門 五十音順検索まとめ

カシラ

カシラとはコメカミから頬までの肉の呼称ではホルモンに分類される。

豚が咀嚼(噛む)しているので筋肉が発達しているため肉質はしっかりとしており脂身も少なく硬めの食感が特徴的です。

肉質は非常に固く、しっかりとした弾力が感じられ食べごたえがありカルシウム、コラーゲンなどのゼラチン質を含んでいる。

主に焼きとり(やきとん)の他に焼肉で食べることが多く、お店によっては近い部位のアゴやコメカミとして提供される場合がある。

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ カシラ

希少度
価格帯
カロリー
マニア度




スポンサーリンク




アゴ

アゴとは豚のあごの呼称でホルモンに分別される。

筋肉が発達しておりほどよく脂が乗っているのが特徴です。

主にアゴ肉で食べるときはモツ煮や、やきとり(やきとん)で食べることが多い!!

また、お店によってはカシラ肉と呼称して提供している場合もある。

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ あご

希少度
価格帯
カロリー
マニア度




スポンサーリンク




コメカミ

コメカミとはその名前の通り豚のコメカミの周りの呼称です。

1頭からわずかしか取れないことやこの周りの周辺の肉質が似ていることもありカシラとして提供しているお店もある。

咀嚼する周辺の部位なので筋肉が発達しているので肉質が非常に固く噛みごたえのあるのが特徴だ。

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ こめかみ

希少度
価格帯
カロリー
マニア度




スポンサーリンク




あぶら

豚肉の頬(ほっぺ)の部分をあぶらと呼ばれている。

こめかみの『カシラ』と同じ部位として扱われて総称される場合もある。

かしらやアゴにくらべて脂がしっかりとしていて尚且つ肉質はしっかりとしていてる。

おもにやきとり(やきとん)で使われる場合が多い部位である。

ブタが独自に分析 豚グラフ ~ アブラ

希少度
価格帯
カロリー
マニア度
★★



スポンサーリンク


スポンサーリンク




豚でもわかる豚の部位入門 五十音順検索まとめ